趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 文珠寺(長瀬)城(旧大山探訪[中世城館@]第2回・平成20年12月3日訪問)

<<   作成日時 : 2008/12/04 23:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

 中世城館現地訪問第1回は富山市大山の文珠寺(長瀬)城です。以前より中世城館には興味がありましたが第1回に訪問したい城跡はこちら文珠寺城と決めておりました。
 実はここは自分が30?年くらい前に連れて行ってもらった初めての中世城館跡という思い入れのある場所でした。それ以来の訪問です。

 が、今日ここへ行って感じたのはここへは2回目の訪問かと思いましたがもしかしたら初めての訪問かもしれません。

富山県中世城館遺跡総合調査報告書214pに印を付けて見ました。参考にして下さい。
(クリックすると別ウィンドウで開き拡大図が見れます)
画像


 上野から東小俣集落へ向かう途中より文珠寺城を望む(赤い丸で囲んだあたりが文珠寺城)。
画像
 長瀬ルートから登ろうと思いましたが残念ながら通行止めの為、断念。
画像
画像


 本来は立ち入り禁止ですがここから登らせてもらいました(熊野川発電所水圧鉄管路より)。ここ登りはきついし、下りは滑ったら即死の可能性があるのでヤバイ(非常に危険)です。
画像


 南方の山上(ここが主郭か?・上地図上黒丸より)
画像

 分かりにくいですが南方の山上から立山町?方面を望む。(上地図上青線方向に望む)
画像

 同じ場所から下の斜面を撮る。(上地図上青線方向に望む)
画像

 同じ場所から帯郭を見る。(上地図上青線上の青丸)
画像

 分かりにくいですが南方の山上から旧富山平野南部方面を望む。(上地図上緑線方向に望む)
画像

 同じ場所から下の斜面を撮る。(上地図上緑線方向に望む)
画像

 文珠寺城最高峰位地の主郭を区切る土塁。(上地図上黄丸地域)
画像

 現在土塁の約30b程下には貯水槽?があります。(上地図上の下部茶丸地域)
画像

 旨く全体写真が撮れていないがこの堀切と左側上の主郭との間はかなりの段差となっており、城内でも最も守りの固い箇所。(上地図上赤丸地域)
画像

 (上地図上桃丸地域) 
画像

 (上地図上の上部茶丸地域)
画像

 
 今回文珠寺城を訪問したのですが日本海発電の道?があるので比較的に訪れやすかったが地図がないと全く場所がわかりませんでした。後反省として鉛筆を持っていかないと写真を撮った場所を後日編集しようとすると全くわからなくなってしまう。以後は気をつけたい。ところで今回訪れた場所と昔、人から教えてもらった長瀬城とは全く違うような気がする。昔教えてもらった場所は山の頂では無く中腹だったような…。 
 探訪直前に以前に教えてもらった人に聞いたら「長瀬集落の入り口から上がって行って畑の横通って行ったろ!もう忘れたか?」確かにそこには昔の住居跡の基礎の土盛りが確認出来たはず。
 その場所聞きに本日古老を訪ねて聞いてみましたらアブルシと地元では言ってるみたい(若藤割の事か?)。いずれ詳細な地図が入手できれば再調査してみたいと思います。

文珠寺(長瀬)城は城主上野彦次郎(勝重)

上野彦次郎とは太田保二俣村の土豪であり、この時点で他の太田保内の国人・土豪と共に細川氏の指揮下に入っていた事が伺える。
一五一五(永正一二)年、畠山尚順と結んで一向一揆の排除を図る越後守護代長尾為景(上杉謙信の父)の軍勢が越中に進撃した際、越中の国人、土豪衆はこれを長尾方の一方的な越中侵略とみなし、猛烈に反撃した。その結果、為景の進撃は挫折したのである。そしてこの戦いの折、上野彦次郎(勝重)が拠って「防戦」したのがこの城と考えられている。
 (長瀬城)としたのは昭和38年刊「大山史話」に記載されている為。以後の本には文珠寺城と書かれている。尚在住地域で文珠寺城、長瀬城と呼び名が違うと思っていたのだが、今回の探訪の結果、文珠寺城と長瀬城というのは全くの別物で長瀬城は中世の館跡?かもしれない。


 ところでこの城は上野彦次郎が上杉謙信を火牛の戦法(木曽義仲が倶利伽羅峠で平家軍に行った戦法)で撃退したときに籠もったと言われる由緒ある城跡なのに…かと思っていたがどうもこの火牛の戦法は無く、年代が違うみたい。上杉謙信を撃退(元亀三年・一五七二)したのは事実みたいだが…。

 上野家の子孫も八尾町にいるみたいです…(よくわからず申し訳ありません)。


 参考図書
富山県中世城館遺跡総合調査報告書
富山県大山町中世城館調査報告書

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
当ブログ検索回数ベスト5
 話は関係ありませんが…。 ...続きを見る
趣多馬激走(日々徒然日記)
2009/07/30 09:12
長瀬城(旧大山探訪[中世城館・番外記憶編])昭和52年か53年頃ゴールデンウィーク中訪問
 私が昭和52か53年頃ゴールデンウィーク中に「長瀬城」へ連れて行ってほしい…と地元出身の方にお頼みして連れて行ってもらいました。 ...続きを見る
趣多馬激走
2011/08/10 23:04
『富山県大山町中世城館調査報告書』の中身及び販売情報について!
 今日は急遽出勤→仕事も早く終わりましたので『富山市大山歴史民俗資料館』の企画展を見に行きました。 ...続きを見る
趣多馬激走(したばげきそう)
2011/10/02 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文珠寺(長瀬)城(旧大山探訪[中世城館@]第2回・平成20年12月3日訪問) 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる