趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧大山町芋平(砂見)

<<   作成日時 : 2009/09/28 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 芋平(砂見)は平成21年2月17日樫ノ木城探索の際、どこから入山すればわからず奥に行った際に初めて訪れました。
 世帯数は昭和5年9戸、55人(国勢調査より)30年9月、31年1月8戸、47、48年5戸(砂見2戸、芋平3戸・以上大山町縮刷版21、28、556、594Pより)、昭和50年4戸、14人(国勢調査より)と確認出来ます。

 昭和51〜53年頃?に手出に山草採りに言った時に親父からあそこに見えるのが砂見だよと教えてもらった記憶があります。その頃はダラクサク(面倒くさく)て腹が立ってこんな山奥に連れてきやがって…と集落の風景も覚えていませんが今になってみれば集落の風景を目に焼き付けておけば良かったなと感じております。
 
 大山町史1574ページに載っている砂見の宮?(以下いくつかの写真が傾いております…
画像


大山町史1574、5ページより
画像


 芋平に現在唯一残る茅葺き屋根の家
画像

 この家の平面図
画像

 
画像
実はこの家昭和52年?か55年?に富山県教育委員会から発行された「富山県民家緊急調査報告書」 に掲載された家である。(上の写真はその当時の正面からの外観、下の写真はヒロマ梁組)
 実はこの本にはもう取り壊して無いがもう一軒の家が紹介されている(左側の家の写真がそうであるが既にこの当時既に無住である)。
画像


 平成11年刊行の「ふるさと再発見V」の47ページにタイトルが「今は大山町でも三軒を数える葛屋根(茅葺きや麦藁葺きの屋根のこと)」の家の写真が載っている
画像
この写真の家は○○地区に…もう一軒の葛屋根の家は○○地区にある。三軒の中でこの芋平地区の家の状態が外観から見た感じでは一番いいかなと思う。
 維持するのは非常に大変かもしれないが維持してもらいたいと思います。

 平成15年刊行の「ふるさと再発見T」増補改訂版の22ページの地図を掲載しておきます。
画像


 参照書籍
 「大山町史」、「富山県民家緊急調査報告書」、「大山町縮刷版」、「ふるさと再発見V」、「ふるさと再発見T・増補改訂版」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 大山町
大山町の天気 大山町のニュース 大山町の口コミ情報... ...続きを見る
Chi-ki.info 地域情報サイト『...
2009/10/20 16:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧大山町芋平(砂見) 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる