趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和44年8月11日常願寺川出水記録のビデオ

<<   作成日時 : 2010/08/11 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は何の日?
 今から41年前の昭和44年8月11日のこの日、富山県旧上新川郡大山町(昭和30年1月1日〜平成17年3月31日)最大の常願寺川出水が起きた日である。

 この記録映像は何度か公開?されており自分は33、4年前に福祉センター5階にて見た事があります。

 と、言う事で…この出水記録映像を探していたのですが…ありました

で、早速保有者にお電話して…
 「昭和44年8月11日常願寺川出水記録の映像ありますか?」
 「調べた後、折り返し電話します。」

しばらくたってから向こうから返事の電話が…
 「映像ありました。」
 「申し訳ありません貸してもらえますか?」
 「宜しいですよ!但し取りに来て下さいね。」
 「はっ、はい。どうもありがとうございました。」

 慌てて保有者の場所に向かいました。丁寧に扱い早速中身を拝見…。

 ビデオオープニングナレーションより

 昭和44年8月11日前線の停滞により常願寺川は大正3年以来の異常な集中豪雨に見舞われれ流域全体が一時荒廃した。この出水記録は立山砂防工事事務所の調査班が8月11日の出水時、及び出水後の15、16日の両日、対外調査を行った時に撮影したビデオテープを編集したものである。尚11日の24時間雨量は千寿ヶ原356_、水谷477_となり観測開始以来最大を記録したものである。これは11日午前10時千寿ヶ原で撮影した常願寺川本川の洪水量である。洪水のピークは午前11時頃と推定される。流量観測を行う為、発光機種を投下したが危険な為観測を中止した。
 自分はこの時○歳と小さかったが…この日の事は鮮明に覚えております。シモ(富山市街側)はすぐ横の平屋の家の屋根上まで川水が溢れて来ておりカマテ(山側)はシモがそういう状態のため通行止め。
 通りに出るには階段があったため車の出し入れが出来ないので、階段に畳を敷いてその上を車を走らせていた記憶があります。

 ビデオを見た感想は…
 昔見た映像と違う…でした。
 昔見た映像は有峰ダムからの放流?を上滝発電所横の豊水橋(水道橋)付近で撮影を待っていた映像だったと思う。そこで濁流が一気に押し寄せてバックホウ、ダンプがもの凄い音と共に流されたり、地鉄の常願寺川鉄橋のすぐ下まで水がついている映像の記憶があったが…。

 では…自分が見た映像はどこにあるのだろう…?今回借りた映像は編集版だから…ノーカットの8_?16_?フイルムに残っているのか…?又は別の記録映像があるのか…?と考え込んでしまいました

 でも今回映像を快くお貸し下さいました○○○○の○○様には感謝感謝です。
 どうもありがとうございました。

 文だけではわからないので後日動画の一部と「水害写真集濁流の記録2(北陸建設弘済会/編)」と大山町広報縮刷版の写真を掲載します。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和44年8月11日常願寺川出水記録のビデオ 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる