趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 再び旧大山町千野谷鉱山への探訪

<<   作成日時 : 2011/08/23 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 平成23年6月16日、この日は予ねてより頼まれていました旧大山町での戦後最大の鉱山、千野谷鉱山跡へ行って来ました
画像
 今回は私一人ではなくて当ブログ「伝 小泉城主 寺島牛之助」
http://aruotoko.at.webry.info/200912/article_6.html
で、お知り合いになりました北ア・登山道整備グループの高橋さんと針ノ木峠での伐採等で一緒に行動されているAsahiからお越しのNagaイYokoさんの2人。

 実はこの2人最初ご夫婦かと思いました

 この日は朝6時45分に旧大山町長瀬集落の旧路線バス転回場で合流しました。

 私の自家用は廃車寸前で、山道走行不可なので高橋さんの自家用で小原集落の石碑の前に車を止めて…
7:20
 いざ探訪前回(平成21年12月2日探訪時)よりも林道が整備されていました。
画像
画像
画像
7:46
 前回間違えて最初上に上った二股に別れる道(詳細地図にはこの道が書いてあり行き止まりになっていました。)は工事中になっていました。
 平成21年12月2日訪問
画像
画像
 県営林道町長(大沢野)〜水須(大山[旧水須〜川戸に抜ける道か?])線第2工区
画像
画像
画像
7:52
 鉱山事務所跡に到着。
画像
画像
 8:12
 更に奥に行くと…県外ナンバーの車がポツンと…
画像
画像
 最初こんな奥地にこんな車が入るはずが無いもしかして…と思い下山後派出所に届け出たが…どうも渓流釣りだったそうなそれにしても…ビックリしました。
8:18
 結局少し手前に戻って前回と違いここから登りました。
画像
 8:20
 精鉱所跡下部が見えて来ました。
画像
 更に上に登ります。
画像
8:22
 精鉱所跡下部手前にて配管跡がありました。
画像
8:24
 精鉱所跡下部に到着。
画像
 精鉱所跡上部にて私と高橋さんのツーショット
画像
 精鉱所跡上部にて高橋さんとNagaイさんのツーショット寄り添う姿は夫婦みたい
画像
画像
 前回も拝見したウインチやトロッコ等…
画像
画像
画像
画像
画像
8:52
 これで帰ろうとすると…Nagaイさんが「あっちあっち」と指差す先に
前回私が探訪時に見落とした精鉱所跡上部の前部の遺構を発見
画像
画像
画像
画像
 精鉱所跡上部の先端部より河内方向を望む
画像

 これで探訪は終了。小原に向かいました。帰り道に水溜まりでオタマジャクシ発見
画像
 昔はこんな風景どこでも見れたのにね
 9:33 
 小原に到着
画像

 「人と土の大学」の原点である廃屋を遠方より望む
画像

 集落入口の「三界萬霊」の弥陀三尊にたいしてお花を添えるNagaイさん。
画像

 最後に千野谷黒鉛鉱山図を掲載しておきます(「大山の歴史」514Pより掲載)緑色の線が今回踏破しましたコースかと思います。
画像


 私が前回探訪しました「千野谷鉱山」の記事はこちらから
http://aruotoko.at.webry.info/200912/article_9.html
 
 千野谷鉱山航空地図はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
久し振りの書き込みですm(_ _)m

今回の記事を読んで益々、千野谷鉱山跡へ行きたくなりました。
前にも行ったかもしれませんが、もう少し涼しくなったら行って来ます!
険酷隧
2011/08/29 22:44
険酷隧様
いつも拝読ありがとうございます。

険酷隧様のおっしゃられるとおりオロロがいなくなってから行ったほうがいいですね。

近々険酷隧様が喜ばれるかどうかわかりませんが一ヶ所気になるところを探訪して来ます。
趣多馬
2011/08/30 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
再び旧大山町千野谷鉱山への探訪 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる