趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大山の人車軌道隧道」への参考意見(23年11月20日加筆)?と他項目につきまして質問

<<   作成日時 : 2011/11/02 20:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

 当ブログのリンク先

険酷隧に魅せられて
http://ameblo.jp/ken-koku-zui/entrylist.html

 ・・・内の記事
 合同探索 大山の人車軌道隧道 まとめ1
http://ameblo.jp/ken-koku-zui/entry-11065561749.html

に関しまして『険酷隧』様は疑問点があるとの事ですがこれに関しまして、知り合いに話を聞く事が出来ましたので参考意見として聞いて下さい。

 多少記憶違いはあるかもしれませんが知り合いは東西小俣方面⇔岡田、新町方面に抜ける近道としてこの隧道をよく利用したそうです(旧大山村役場は岡田[現在の岡田公民館の場所]に昭和17年〜旧大山町合併時までありました)。

 知り合いが行き来していた頃は、当然軌道は走っていなかったそうです。

 当時馬車道として上野〜安蔵線はありましたが車が通れる道は湯端城跡奥の畑地までしかなかったがこの道が安蔵橋のたもとまで延伸されるとこの往来は廃れたと聞きました。

 私はこの道(東小俣から)の入り口に行った事がない(立ち入り禁止と書いてあるため)のでわかりませんが、東小俣から安蔵川沿いを奥に行くと北陸電力小俣発電所に向かう途中にこの隧道へ行く道があったみたいですここから隧道に着くまでは勾配が急だったそうです。

 この近辺の地図を張り付けておきます。
画像
 この地図が載っている本は『ふるさと再発見T 昔在の村落と郷土芸能』
画像
 話が脱線しましたが、私の想像としましては人の往来としてよく利用されていたという事はやはり時代が下った後に補修されたのではないでしょうか知り合いにこの内部補修について聞いてみましたが一言
『わからん』でした

 参考にならないかもしれませんが…私もこの話を初めて聞けましたので私個人としては貴重なお話でした。

 『大山の人車軌道隧道』の件はこれまで…と少ない資料で申し訳ありませんでしたが…

 ここからは私から『険酷隧』様に質問です。
画像
 これは同書112pに記載の文ですがこのトンネルご存知でしょうか 参考までに同書80pの地図を張り付けておきます。
画像
 現在この道は『林道町長〜水須』線が工事されていると思いますのでこの旧道も無くなってしまうのでしょうね
 
 『険酷隧』様ご存知ならばここは是非とも行きたいところであります。ご教授願います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
険酷隧に魅せられて・・・。『合同探索 大山の人車軌道隧道』より転載
 我が盟友(私が勝手に…{%笑いwebry%})険酷隧様は8月14日、ご同業様2名と共にまずは ...続きを見る
趣多馬激走(したばげきそう)
2012/08/16 22:00
venussome.com
u_R_l_O9_v__Ql_iQRNPP_QO&UMjH______ _n_i__j/EFu_u_O ...続きを見る
venussome.com
2017/01/07 00:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
趣多馬様

補修について調べていただき、誠に有難う御座いました。
色んな使われ方をしたようなので、修復があっても変ではないようですね。
少し疑問が晴れて、スッキリしました!


三井鉱山のトンネルの件ですが、私は初めて聞きました!!!
全く知らなかった存在なので、調べてみますね!
お力になれなくて、申し訳ないです・・・。
険酷隧
2011/11/02 22:28
険酷隧様

少しは参考になりましたでしょうか?
私の想像ですが熊野川沿いの方々⇔岡田方面の行商?の行き来に使われた?のではないと…。

三井鉱山のトンネルの件は時間があれば調べてみたいですが…おそらく新道工事中なのでもしかしたら埋まっているかもしれませんね!
趣多馬
2011/11/03 06:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「大山の人車軌道隧道」への参考意見(23年11月20日加筆)?と他項目につきまして質問 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる