趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 地鉄立山線に残る廃隧道U(合同探訪編)

<<   作成日時 : 2011/12/11 08:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

注意
 私が書いているブログの探訪先は熊、猪、猿、羚羊…の野生動物、自然の驚異…に晒されます。今回の探訪場所は公共交通機関(富山地方鉄道)の真横になります遮断機、警報機なども無いので私は時刻表を持ち、線路を横断する可能性がありましたので、事前に電車来る時間を確認しながらの探訪でしただが、遅延、作業車通過等時間関係なく通過する可能性大で危険です…。管理人は一切の責任を負いません


 時刻表はこちらから
http://www.chitetsu.co.jp/train/timetable/senbetu/select_rosen.html

 11月27日、険酷隧(けんこくずい)さんと林道牧線隧道探訪後、こちらに訪れました

 11:33現地に到着しげしげと隧道を眺める険酷隧さん
画像
 11:34隧道を前にして佇む険酷隧さん
画像
 12:03いろいろと近辺を調査しています
画像
 12:03もう一度隧道内部上部を写します
画像
画像
 これは私も気付いたのですが上部に架線を引っ掛けるフックらしきもの(正式名称は何と呼ぶのかわかりません)を発見しました
 12:06いろいろ二人で話した後もう一度隧道下部を写しました
画像
画像
 この日は険酷隧様の長靴でも残念ながら丈が短くて奥に入れなかったのですが
 ここで険酷隧様から驚きの一言が
 『何とか奥に行きたいなぁ〜本音を言えば長靴脱いで裸足ででも奥に行きたい…』


 私は思わずひぇ−−っでした

 自身のブログでは私や○○氏等に熱いぜと書いていましたが…険酷隧さんのほうがよっぽど熱い

 大人の判断で断念してくれてホッとましたが…。

 この後、もう少し近辺を調べまして険酷隧さん名残惜しそうにこの場を去りました…。
画像
 12:40頃自家用駐車場所に戻りもう1カ所紹介したかったのですが…時間もお昼を回っており又、私のペースで歩いたために険酷隧様には大変なご迷惑をおかけ致しました

 険酷隧様にはこの場を借りましてお詫び申し上げます失礼いたしました

 さてこの探訪は私が12月4日に行きました「単独探訪完結編」へと繋がります

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お早う御座います。
お気遣いに感謝いたします。

次回の訪問は来年になりそうですが、また一緒に行きましょう!
険酷隧
2011/12/12 06:21
険酷隧様
おはようございます。

ありがとうございます。又新ネタを仕込みに探訪しなくてはいけませんね。
趣多馬
2011/12/12 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
地鉄立山線に残る廃隧道U(合同探訪編) 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる