趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 長棟林道桧峠越え

<<   作成日時 : 2011/12/04 07:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 12月2日この時期毎年恒例の「旧大山町探訪」

 今年はどこへ行こうかな

 今年は旧大山町の中世城館探訪(残りは湯端城、原砦、中尾館)をしていない…という事で最有力候補は小佐波小字東俣にある中尾館にしようかなと当初考えていました

 だが…11月15日旧林道牧線の隧道が眼に飛び込んだ時のあの衝撃が忘れられなくて…今回は旧長棟往来(上道・かみみち)を探訪しようと決めました
 11:29桧峠に到着やはりゲートはオープンでした
画像
 と、ここで又方針転換してまずはこの長棟林道行けるところまで行ってみようかな
 実はこの桧峠、昭和60年代に親父と苔採りに来てゲートが閉鎖しており引き返して以来の訪問。初めてゲートをくぐります
 ゲート閉じられないか心配でしたが、固定されているのを確認して中に入りました
画像
 11:35車でゆっくり行くと…大横手に到着
画像
画像
 11:49更に車を進めると…

 おぉ〜っ
 穴だ穴がある
画像
 牧線林道の隧道発見以来隧道に敏感になってしまいました

 梯子を登り入り口前に立つと…
 
 錠がかかっていない…

 上の隙間から中の撮影
画像
 素掘りじゃん
画像
 結局撮影のみで、中には入りませんでした

 これは何の隧道かは帰り道にわかりました…

 一応自家用の記念撮影
画像
画像
 国有林看板少し行くと…
 11:56 第2(奥の山)ゲートに到着両方ともオープンでした
画像
 11:59しばらく走っていると…
画像
 赤いペンキを塗った石で囲いを作り危険と表示が…降りて撮影していると…この石、ペンキ塗りたての匂い…がしました 車幅もギリギリだし森林管理署のパトロール車と鉢合わせも嫌なので…ここで引き返しました

 12:02第2(奥の山)ゲートに到着
画像
 先程更に奥に侵入を躊躇したのはこの文々
画像
 12:06先程の素掘りの隧道の出口がここに…
 こちらの隧道内部はコンクリーで…
画像
 外観
画像
画像
 この外観から想像すると…
 先程の隧道とこの隧道は繋がっており(距離はそんなにないでしょう)おそらく北電の越冬時に通る道かと思います
 12:23そうこうしているうちに桧峠に到着
画像
 12:35地図などいろいろ確認して旧長棟往来の上道入口はここかなと目星を付け、自家用を退避場に置いて旧長棟往来上道の入口に向かいました

 次回参上の折には趣多馬2号で桧峠奥を探訪してみようかな
 
 さてこの日の探訪の続きは『旧長棟往来上道(かみみち)(ちょっこり探訪編)』に続きます

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
趣多馬様

流石です!
私は来年のフルオープン祭りの時期に、長棟へ行こうと思います。

林道上にある、2箇所の隧道を目指します・・・。
ゲートフルオープン祭り
2011/12/04 08:13
ゲートフルオープン祭り様

はじめまして

このゲートフルオープン祭りはいつ頃なのですか

コメント掲載不可ならば不可と書いて下さい時期知りたいです

この日のメインは別件でしたが、果てしない旅になると思いましたので途中で帰還しました
趣多馬
2011/12/04 13:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
長棟林道桧峠越え 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる