趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 大双嶺→蛇越探訪(失敗編)

<<   作成日時 : 2012/01/12 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 12月4日この日まずは道が解れば大双嶺→蛇越探訪…という事でこちらに来ました。

 実はここに来たのは大双嶺→蛇越探訪もしたいが広域基幹林道町長水須線がおそらくここら辺りを通る為、旧の集落跡及び旧道がそのままの状態なのか確認のためにやって来ました。

 平日はダンプが通行しているので日曜日の今日ならば…という事で勝負しました。

7:58
 自宅出発
画像
8:18
 下双嶺バス停前
画像
8:21
 分岐点に到着!今日は左側の道を進みます
画像
8:25
 大双嶺、千長原分岐点に到着
画像
8:36
 分岐点にある石碑前を出発!大双嶺は右側の道を進みます。ここから約50分程で大双嶺集落跡に出るそうです。
左側の道を行けば千長原方面へ)
 ○印の[石仏の光背正面右に「右 をうぞれ道」光背正面左に「左 せんなが原」]の刻字があるそう(大山町の石仏 第2集58Pより)です。
画像
 ○部拡大画像
画像
 何故この部分を拡大したか探訪時全く気が付かなかったがブログ作成で本をいろいろ調べていると実はこの○にはもう一つお地蔵さん(高さ58cm幅32p)がなくてはならないがない桂書房刊『村の記憶』の大双嶺のページにはお地蔵さんがちゃんと写っているがどこへいったのか移転ならば問題ないが、盗難する不逞の輩もいるので…心配
8:40
 この道は砂防ダム建設時に拡幅された道か…
画像
8:42
 川を横断すると…
画像
8:43
 すぐに広場があり道はここまで
画像
8:44
 じっくり望めば旧道わかったかもしれないがこの日は無理に調べず…という事で大双嶺探訪は諦め引き返しました
画像
8:51
 分岐点の石碑が見えて来ました。
画像
  行く時は気付かなかったが左岸に建物(家?、納屋?)の基礎がありました。
画像
8:58
 荒屋敷にある神明社に到着お参りして帰りました
画像
以下は昨年12月2日の画像です。

14:22
 檜峠を下って来て小坂に出ました。
画像
14:24
 下小坂バス停前より左岸を。
画像
14:27
 対岸に立派な旧家が…。
画像
画像
 昨年12月30日のブログで書いたとおりこの日残念ながら大双嶺へ行く道が解らず

 という事でこの日は地鉄本宮駅〜旧粟巣野駅間にある隧道の探訪へ向かいました。

 参考文献

 村の記憶(桂書房刊)

 大山町の石仏第二集(大山町教育委員会刊)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
若い頃ですが高頭山に登ったりスス竹を取りに行ったりしてたとき、同じ山菜取りしてた年配の人があの蛇越を自転車で行き来してたもんだと言っておられたのが記憶に残ってます。
春先に河内から歩いてみたのですが途中まで道がありましたです。
まっちゃん
2012/01/12 18:32
まっちゃん様 こんばんは。

蛇越を自転車で行き来…春先に河内から歩いてみたら途中まで道がありました…
  ↓
これは貴重ですね!という事は春先、降雪前に蛇越辺りを歩けば昔の道発見しやすいですね!
情報ありがとうございました。
趣多馬
2012/01/12 21:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
大双嶺→蛇越探訪(失敗編) 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる