趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧大山町探訪 河内⇒蛇越に向かって歩く

<<   作成日時 : 2012/12/17 22:53   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 下記画像地図はGarmin Oregon 550⇒Base Campからの当日私が歩いた画像を掲載
画像
 @蛇越旧道と間違えた田んぼの畦道
 A○○家の石垣の田んぼ、境界線の杭、この石垣は城の石垣と見間違える見事な石垣でした
 B簡易鉄橋
 C11:42砂防ダム
 D滝(なんて名前なのでしょうね
 E工事用に開設した新道と工事用モノレール交差点

 11月28日、この日はお休みでしたので旧大山町探訪をしたいと思っていましたが…どこに行くか…候補地として
 1.千野谷鉱山抗口現況調査
 2.大双嶺、千長原探訪
 3.安蔵〜隠土〜コヤツ峠〜小原
 4.林道手出〜砂見線
 5.河内〜蛇越〜大双嶺
がありましたが古道(そんなに古くないかも…)を歩きたい…という事で河内〜蛇越〜大双嶺へ行こう…と決めましたついでに例の物件も探しに

10:11 橋のたもとに自家用車止めて

10:13 道を歩きます
画像
10:19 河内集落裏山を見ると…これが蛇越行きの旧道になるのか
画像
10:25 旧道に出ました
画像
10:29 実はこの道は旧道ではなく田んぼ向かう道のようでした@
画像
10:33 
画像
10;38 
画像
 上記2つは時代を感じる石垣
10:41 薮が倒れていたので何かが歩いた跡があると思っていましたが、降雪具合等から見てこの日の朝、熊が歩いた足跡ニアミスで良かったぁ〜
画像
10:45 この基礎は何かな対岸の山の上(14:11)にもあったが…何の跡なのか
画像
10:45 この写真ではわかりにくいですが、城の石垣と勘違いするほど見事な石垣でしたA
画像
10:51 この石垣は河内の〇〇さんが測量した杭で、他にも何箇所か杭が打ってありました。代替わりしたら全くわからなくなるからでしょう。結局この奥は道がないようでしたので地図記載の道におりました
画像
11:04 橋に到着B、奥に飯場小屋が見えますこの橋に残る右側の足跡は朝歩いたカモシカ左側に残るは前日の足跡
画像
11:08 この砂防ダムの飯場小屋だったのかな
画像
11:42 こんな奥にも砂防ダムが…道はなかったのに…C
画像
12:03 更に奥に行くと見事な滝D…この滝の名前は何だろう
画像
 有名な三枚滝はもう一本下流の支流上流にあります
12:28 更に蛇越に向かって歩く途中に振り向いて小原側を撮影
画像
12:35 これが蛇越往来かようやく地図記載の道と合致
画像
12:41 蛇越まで、地図を見てわかるとおり200bも無いもうホンの後一歩、目と鼻の先でしたが、蛇越に着くまでは何分時間がかかるのか見当がつかなかったので、帰り時間(昼食を持って来ていないので自宅に15時到着)と体力を考えましてここで引き返しました
画像
12:45 帰り途中にこんな奥にも砂防ダムがあると発見し驚きましたここまで人の手が入っているから蛇越まで是非とも行きたかったが…
画像
13:03 これは11:42C砂防ダムの道か
 歩いて来た道を振り返って
画像
 今から歩く道
画像

13:28 道が途中抜けていたがやはり間違いありませんでした…が、あの杉の先からは凄い薮でした
画像
13:39 杉のところから少し歩くと工事用モノレールのレールEを発見ここを降りていけば早いぞ
画像
13:47 
画像
13:49 実はこのレール更に上部まで延びていました私が歩いたレールの距離は約6、700mほどか
画像
13:51 
画像
13:58 
画像
14:00 
画像
14:05 レールはやはり飯場小屋のところまで延びていました
画像
 ヘリポートもあって大きな駐車場という事で、かつては沢山の方々が従事されていたのでしょう。
画像
14:09 朝うっすらと積もっていた橋の雪も帰りには消えていました。
画像
14:11 対岸の山に見える建造物いったいなんでしょうか鉄塔、物資運ぶロープの基礎でもなさそう。10:45の基礎と一対かと思うが
画像
画像
 蛇越ですが河内側ですが飯場小屋から奥は国土地理院の地図記載の道跡は全くないです。

 当ブログ投稿者常連のまっちゃん様が
『高頭山登山口のヘリポート付近から沢沿いに蛇越峠へと無謀にも挑戦…』
全くわからなかった…というのも頷ける話です。

 蛇越に行くには飯場小屋⇒工事用モノレールを登る⇒工事用道路を歩く⇒谷を降りて蛇越を目指すが近道かと思います。ただし、夏場は薮が酷くて無理でしょう。行くのは私も懲り懲りですが一緒に行きたい方いればご案内しますよ

 まっちゃん様一緒にどうですか

 『ひさお まっちゃん』様のサイトはこちら
 人生もマジック
http://pub.ne.jp/khm55/

 ところで、工事用モノレールですが、あの飯場は平成10年頃まで活動していたみたいなのでその頃のものか

 あと50年程したらこの場所マニア垂涎の的になるのかどうなのか


 当日蛇越(途中)探索データ
画像
  移動距離 5.4Km 走破標高 310m〜578m 所要時間4時間16分58秒 単独走破

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、いやー写真見ました。
まだレールが残ってたりヘリポートもあり懐かしかったです。
趣多馬殿とご一緒できるとは願ったり叶ったり正に百人力を得たと同然、来年の干支は蛇ということもあり是非ご同行させて下さい。
参考にですが私と同じ山仲間のチョウカさんも蛇越に行っておられます。
http://www2.bbweb-arena.com/f19y55/11jyakosi.htm
まっちゃん
2012/12/18 08:49
まっちゃん様 こんばんは

やはり、レール、ヘリポートご存知でしたか

今年は難しいので来年是非とも行きたいですね

早速チョウカ様のサイト拝見しました
名前の由来は『蛇しか通れないほどの狭い谷』…という事ですか一つ賢くなりました

確かに尾根道を歩くのではなく谷をずっと歩きましたそれで、蛇がホウテアラクのでこの名称が付いたのかと…考えましていました。

チョウカ様は大清水→大双嶺コースだったのですね

行くなら無雪期…という事で春か秋に行きたいですね
趣多馬
2012/12/19 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧大山町探訪 河内⇒蛇越に向かって歩く 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる