趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 手出線林道を歩く

<<   作成日時 : 2017/04/02 21:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 平成29年度第一弾の旧大山町探訪…今日は一度は現状を調べてみたかった林道手出砂見線を歩いて来ました
画像
 当時の記事を読むと…

 この林道は手出と砂見部落を結ぶもので、昭和30年以来県単事業として、年々僅かの予算で延長していたが、本年度工費2,500.000万円、延長608mを荒井組(赤倉)が請け負い着工中であったが過日完成し、12月16日に竣工を終えた。これによって全体計画(総工費8,260,000万円、延長2,305m)が完成した。

(画像は広報大山縮刷版より)

 竣工年度は昭和38(1963)年であります。

 この日の経路は

  9:09 自宅出発
 最初は谷を歩いて林道を探していたのだが『Garmin Oregon 550⇒Base Camp』によると上部に林道があるという事で尾根に向かって歩いていると…
  9:40 入口出発

 10:04 林道発見
 こちらが砂見方面
画像
 手出方面
画像
 とにかくひたすら歩きました 
 10:16 見晴らしの良い場所に出たので熊野川ダムを見下ろす
画像
 10:28 ここからは残雪が残っていた(標高約480m)のでカンジキを履いて歩きました
画像
 使用するは勿論立山かんじき
画像
 11:02 尾根を越え下ったら砂見集落の田んぼ跡に出ました
画像
 11:09 時間の都合上この日は砂見川で引き返しました。
画像
 11:13 帰り道でもう一枚田んぼ跡をパチリ
画像
 11:15 マニアが喜ぶ物件トラクター牽引用トレーラーと呼べばいいのかな
画像
 帰り道尾根の開削部分をパチリ
画像
 昔の写真は手出側から尾根の部分を撮影したものかと思われます。

 何も採ってくるつもりはありませんでしたが蕗の薹が旬でしたので摘んできました
画像
画像
 ところでこの林道活用されていた期間が15年もたなかったのではないでしょうか

 こちら(熊野川ダム工事誌)を見ればわかるかと思いますが
画像
昭和50年代に入ると道の拡幅等が行われ戦後すぐに拡幅された当時の道も変わってしまい手出から砂見に抜ける入り口のところが壊され通り抜け出来なくなったのかと思います。

 現在この道は北電の鉄塔道として活用されているみたいです

 さて…次なる探訪の予定は…無く…手出線林道探訪はこれにて完結であります

 この日のデータ(林道分のみ)

 移動距離 2.5Km 

 走破標高 384m〜521m

 所要時間 1時間49分30秒

 移動時間 58分13秒

 停止時間 51分17秒 

 徒歩、単独走破
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手出線林道を歩く 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる