特別稽古

 明後日16日は私が15年お世話になりました師匠の三回目の命日になります。

画像
 今回命日前に初めて、特別稽古を行いました。
画像

 稽古時間は約1時間30分。

 稽古内容は三段基本×10本、平安初段~五段、鉄騎初段各一回、抜塞大、慈恩、観空大各二回、半月三回と型を行い、平成28年9月30日に奥様から頂いた釵で簡単な型を五回行って稽古終了。

 ところでこの釵の長さは43cm、重量は786g、柄頭が宝殊形と重くなっており、鉄工所に頼んで作ってもらったオリジナルで師匠凝りまくりでしたので色々注文付けて空道館長愛用の釵を元に作製してもらったのは想像がつきます。
画像

画像

 この釵、いずれ私が身体が動かなくなった時に、師匠直系の弟子の後輩のAもしくはBがその頃も空手の修業をしており釵術に興味があるならば譲らなくてはいけないと思います。

 師匠は
「お前の下手な演武は見たくない!」
と思われているでしょうが、師匠の弟子の中では私が師匠の意思というか考えに一番近いと自負しています。

 何故なら本来後継者がいたはずだが閉鎖前に移転先を決めたりと自分で勝負出来なかったし…。

 長年後〇をしていた方も一昨年7月10日にお会いした際に口説いていたし…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック