趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧大山町千野谷鉱山

<<   作成日時 : 2009/12/05 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 12月2日この日は旧大山町での戦後最大の鉱山、千野谷鉱山跡へ行って来ました(写真は千野谷鉱山事務所跡前から撮った写真。昭和42、3年頃?と平成21年)。
画像


 世帯数は昭和30年9月第1・16戸、第2・69戸、31年1月第1・17戸、第2・44戸(広報縮刷版より・この第2というのが千野谷鉱山かと思う)、42年廃村。

 ところで千野谷鉱山とは何を採掘していたのかと言いますと黒鉛を採掘しており戦後の一時期国内の黒鉛の約85〜90%を産出(朝鮮動乱期)していたそうな。
 ちなみにここは富山県で始めてシネマスコープの映画をやったり、どこよりも早くテレビを購入したりする程景気が良かった(昭和30年代半ば)
 で、今回はその千野谷鉱山跡への探訪記であります。実は昭和60年にも一度調査しようと思いましたが道がわからず断念…。今回も行って来たがやはり下調べして行かないと駄目ですね…。

 今年も日本海発電の熊野川発電所先の熊野峡谷入り口で通行止めなので
画像


 10:36ここから千野谷鉱山跡まで趣多馬にて行きました。
画像


 途中長瀬、手出、河内、小原と抜けて行く。昨年は旧道を登れたが今年は工事中にて進入禁止の為、旧小原小学校横側から高田信光碑正面に出る新道から小原に入りひたすら鉱山跡を目指す。当日通った経路@(この経路は間違っており実際は小学校跡前を通っています
画像
小原集落入り口にある道標地蔵
画像
画像

 驚いたのは千野谷鉱山近くまで「ここはおらとこじゃ、ここはおらとこじゃ」と土地所有者の塩ビパイプの立ち札がしてある事。
画像
まあ代替わりすると境界線がすっかりわからなくなりますからね!

 少しずつ自然に返っており千野谷鉱山行くまでに羚羊(カモシカ)、栗鼠(リス)、雉(キジ)に遭遇しました。
画像
幸いながら熊、猿には遭遇しませんでした
 途中で地図に書いていない二股に別れる道…左の道が綺麗だったのでまずは左の道へ…ところが山の上に上がる道なので間違いだと思い今度は右の道へ…
画像
画像

 12:25自宅に帰宅して調べてわかったが事務所跡に到着。
画像
画像


 さあ現地は近いぞ!思い少し歩いてふと上を見ると…。選鉱場跡が…。
画像
画像

 上の写真の場所はおそらくここだと思う。
画像

 じゃ下の残骸捜そうともう少し奥に行きました。で、川のせせらぎを聞きながら歩いていると綺麗な風景が…。
画像
結局下に降りて写真を撮って来ました。
画像

 動画もアップしてあります。興味ある方はご覧下さいね!
http://www.youtube.com/watch?v=Vy7fbktBDCw
 
 道の奥も見たが何もないみたいなので引き返して選鉱場跡へ登って見る事にしました。
 以下は撮影してきた選鉱場跡の写真です。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


 誰も興味ないと思いますが選鉱所跡の動画も撮影してきています。興味ある方はご一報を!UP致します。

 熊野峡谷入り口の通行止めの場所に戻ったのが14:32!丸々4時間…疲れました…。

 最後に当日通った経路Aと「提供:国土画像情報 国土交通省昭和50年航空地図ccb-75-21_c4d_24」から千野谷鉱山周辺地図を貼り付けております。
画像
画像


 参考文献
 大山の歴史
 ふるさと再発見T
 村の記憶

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
再び旧大山町千野谷鉱山探訪へ行って来ました
 平成23年6月12日この日は、平成21年12月2日以来久しぶりに千野谷鉱山探訪へ行って来ました。 ...続きを見る
趣多馬激走
2011/06/27 22:40
再び旧大山町千野谷鉱山への探訪
 平成23年6月16日、この日は予ねてより頼まれていました旧大山町での戦後最大の鉱山、千野谷鉱山跡へ行って来ました 今回は私一人ではなくて当ブログ「伝 小泉城主 寺島牛之助」 http://aruotoko.at.webry.info/200912/article_6.html で、お知り合いになりました北ア・登山道整備グループの高橋さんと針ノ木峠での伐採等で一緒に行動されているAsahiからお越しのNagaイYokoさんの2人。 ...続きを見る
趣多馬激走(したばげきそう)
2011/08/23 09:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昭和37年にここで生まれました。
よんた
2015/04/22 01:40
よんた様はじめまして

一度案内してもらえませんか

リクエストが多い旧大山探訪先です
趣多馬
2015/04/22 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧大山町千野谷鉱山 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる