趣多馬激走(したばげきそう)

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅澤持専寺の歴史と大山伝説(平成22年12月6日加筆修正)

<<   作成日時 : 2010/11/27 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 今日は休みだったので、今月11月12日正式に入会した「大山歴史民俗研究会」最初の行事に参加しました。

 演題はブログタイトルの「梅澤持専寺の歴史と大山伝説」でした。
 
 (梅澤)持専寺は旧大山町小見にある由緒ある寺である。

 現二十三世住職の梅澤氏は私にとりましては中学の時の学年主任として又社会科の先生として三年間大変お世話になった先生でございます。
画像
画像
 持専寺の歴史については自分の寺ではないから最初はあまり興味がなかったが…やはり梅澤先生の話術には惹きつけられました。

 他にも貴重な品物を拝見させて頂く事が出来ました。フラッシュをたいて写真を撮影する訳にはいかないので自然の照明で動画で撮影しました。(動画でははっきりわかるが…写真に変換すると暗くて映りが悪い…・左側は寺宝・親鸞聖人直筆阿弥陀仏像
画像
画像
画像
画像
画像
 他にも旧持専寺が発行した富くじ等見せてもらいました。
 梅澤先生の発表会終了後、梅澤持専寺十代正宗(しょうしゅう)坊の子、長男善宗、次男祐正が、正宗坊の首級を埋めて庵を結んだ場所の首塚を見学しました(この首塚には正宗坊の骨壺{釈正宗頂骨・慶長二年・1597・七月六日と書かれた骨壺}が入れられているそうです)。
画像
画像
 この日のお話聞けてとっても良かったです
 ところで…この首塚の所在、お話は授業に全く関係ないのに梅澤先生の授業で聞きましたね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅澤持専寺の歴史と大山伝説(平成22年12月6日加筆修正) 趣多馬激走(したばげきそう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる