昨夜の古老に話を聞いたTV企画

 昨夜放送の「水曜日のダウンタウン」

 徳川慶喜を生で見た事がある人まだギリこの世にいる説
画像
 こちらの説については日本橋で徳川慶喜を子供の頃に見たというお婆ちゃんがいて締めくくられましたが、この企画おもしろかっですねぇ

 興味津々で見てました

 別な事もいろいろな事がわかりました

 慶喜をヨシノブでなくケイキと呼んでいた方もいた事実
画像
画像
 名和弓雄著「間違いだらけの時代劇」29p記載の
画像
 江戸っ子は明治に入ってからも徳川を゛とくせん゙東京を゙とうけい゙と読んでいた。を思い出しました

 聞き取り調査した年代の方の子供の頃にはちょんまげを結っている方が町には一人いた事
画像
画像
画像
 これは驚きでした

 昨夜の聞き取りの年代ならば私が大人になっても母方の祖母(明治44年生)、父方の叔母(大正5年生)が生きていたので健在中にご先祖の話等々いろいろ聞いておけばよかった…と後悔し切りです

 現在私の両親はいずれも要介護認定が付くながら未だに頭はボケていないのでいろいろな事は聞いておきたいと思います

 母親は富山大空襲を自宅裏から見ていた事
『B-29から四角いモノが落ちてそれがパァ~ッと光って火柱が上がる』
画像
画像
 親父は昭和21年2月16日に発表された新円切り替え(預金封鎖)の話
『いざとなりゃ国はお金出さんようにして金取り上げるからのぉ
画像
画像
 当時母親は6歳、親父は9歳ながらこれらの記憶が鮮明に残っているみたい

 身近な古老のお話…色々聞いておきたいです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

猫又三吉
2015年08月01日 11:56
確かに年寄から歴史の節目を聞くことは大事なことです。とくに太平洋戦争時の悲惨な話でしょうね。
趣多馬
2015年08月05日 16:53
猫又三吉様 こんにちは

コメント遅くなりました

戦時中、戦後直後の話は個人的な意見になるかと思いますがいろいろ聞く事が出来ました

猫又様もお母さんからいろいろお話聞いて下さい

この記事へのトラックバック